スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール出産病院ツアー(その2)Mount Elizabeth Hospital

mount-elizabeth-hospital-building.jpg

2012年秋に第一子誕生予定の野間@シンガポールです。

今回は有名病院見学ツアーレポート第2弾、Mount Elizabeth Hospital編をお届けします。

Mount Elizabeth Hospital について


Mount Elizabeth Hospital (以下、Mount E)はアジア最大級のヘルスケア企業「Parkway Pantai Limited」が運営する総合病院です。

シンガポール最大の繁華街であるオーチャードロードからすぐというロケーションや豪華な設備などが支持され、国内外の富裕層が好んで利用しているようです。


見学ツアーの申込方法


見学ツアーは 毎週月~金曜日の16:00土曜日の11:00に開催。
電話で申し込みます。

電話番号:6735-5000

予約時に妊婦の氏名、パスポート番号、電話番号が必要になります。


見学ツアーの流れ


当日は1F受付にてツアー参加の旨を伝えます。

参加者はイギリス人と日本人の妊婦さん(いずれも夫同伴なし)と野間夫婦の3組のみでした。

見学ツアーは
 (1) 登録手続きの説明
 (2) 分娩施設の見学
 (3) 出産後に入院する病室の見学
 (4) 軽食をとりながら質疑応答

という構成でした。トータル1時間程度。


分娩施設


予定日の約2ヶ月前までに事前登録が必要であることなど、事務手続きについて簡単な説明を受けた後は分娩施設を見学。

・分娩室は7室。
・完全個室。誰かと同じ部屋で出産するということはありません。
・個室にはテレビ、トイレ、ソファー完備。妊婦プラス1名まで入室可。
・出産直後のカンガルーケア可能。
・出産後1~2時間ほどで病室へ移動


分娩室が32室もあるKKHと比較すると規模は小さめですが、部屋が足りなくなることはほとんどないそうです。


続いて病室見学。セレブ病院だけあってさすがの豪華さ


分娩施設に続いて病室見学。

産後用病室は専用フロアにのみ配置され、通常の入院患者さんと顔を合わせることはありません。
照明は抑えめで内装も落ち着いた雰囲気。他のフロアとは全く異なります。

・部屋は完全にホテル仕様。内装もわりとセンスよし。
・トイレ・バスつき。
・ベッドにもなるソファあり。ダンナが宿泊する場合は1泊80ドル追加。
・40インチの液晶テレビ(LG製)、DVDあり。
Wi-Fiとワークデスク完備
・食事は中華、マレー、ベジタリアンなどから選択可能。
・面会時間は08:00-20:00。


なお、通常のお部屋に加え、スイートルームも用意されていました。

4人くらいは生活できそうな広さの部屋に高級家具・ソファなどが配置され、マンションのモデルルームのようです。
スイートに泊まると滞在中にお祝いのディナー(2名分)もしくはカクテルパーティ(6名分)が無料で提供されるとのこと。さすがセレブ病院w



軽食にお土産つき!


病室見学後はラウンジでフィンガーフードをつまみながら質疑応答があり、最後にティファニーっぽい紙箱を渡されツアーは終了。
R1040101.jpg


家に帰って開封してみると
R1040098.jpg
子供服が出てきました。
無料ツアーなのにこんなことまでしてくれるとは。。金かかってんなー。


んで、いくらかかるの?


資料によると参考価格は
・無痛分娩の場合、2泊3日で2,940ドル。
・帝王切開の場合、3泊4日で4,652ドル。

でした。

これだけ見ると公立病院であるKKHよりも安いですが、医師・麻酔医などへの支払いなどを含めたトータルの金額では高くなるようです。

※ 出産費用総額が簡単には調べられない仕組みになっていて各病院の比較が難しいです。なんでこんなに不透明なんだろう?


ツアーを終えて


ロケーションの良さや設備の豪華で駐在員の利用も多いMount Eですが、

・人気の病院だけあって人が多い。ロビーはかなり混雑してた。
・オーチャードロード付近は通勤時や週末に渋滞が発生することがありアクセスが不安。
・内装は豪華だけど照明が暗めであんまり好みじゃない。

などの理由から野間家では利用しないことにしました。


次回は「Gleneagles Hospital」見学ツアーの様子をレポートします。

( 'ω')n Ciao!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。