FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわっ…私の陣痛、弱すぎ…? - シンガポール出産レポ(その2)

hikusugi.jpg

野間@シンガポールです。

前回に引き続き、シンガポール出産レポ(その2)をお送りします。

あー上の画像は内容とあんまり関係ないです。使いたかっただけですw

9月11日(火) 01:00 - 陣痛が強くなる


午前1時くらいに奥さんはお腹の痛みで目が覚める。
その後も2時、3時、4時と一時間おきに目が覚めたそう。
(野間は何も気づかず爆睡してましたw)


9月11日(火) 04:30 - またも陣痛が弱まる


再び陣痛が弱くなり、お腹の中の赤ちゃんもあまり動かなくなった。
心配なのでナースを呼んでモニタリングしてもらったところ、特に異常なしとのこと。


9月11日(火) 05:00 - 朝食


奥さんは病院が出してくれたトーストとミロで朝食。
野間には朝食の支給がないので前日買ったスナックや回転焼きを食べる。


9月11日(火) 06:30 - NHKスペシャル


陣痛が弱いままで何の進展もなし。

あまりに暇なのでiPadで NHKスペシャル「シリーズ日本新生"雇用の劣化"を食い止めろ!」 を観る。
なんか日本で生きていくの大変そうだなぁ。。


9月11日(火) 06:45 - 子宮口チェック


ナースが子宮口の開き具合をチェック。昨日と変わらず2cmのまま。。

陣痛促進剤を投与することになるかもとのこと。
促進剤を点滴するとお風呂に入れなくなるので奥さんはシャワーを浴びにバスルームへ。


9月11日(火) 08:30 - 人工破膜!ギィァァァァ痛い!


担当医登場。

「進展がないから人工破膜して促進剤打つね」
とのこと。

人工破膜とはその名の通り、人工的に膜を破って破水させること。


「全然痛くないしすぐ終わるから」
と先生がヘラのようなものを子宮頸管に突っ込んで卵膜をプチッと。

ギィァァァァ痛いぃぃぃ!
奥さん曰く、体の中をナイフで切られたくらい痛かったとのこと。
ひぃぃ怖すぎる。。痛くないなんてウソじゃん。。


9月11日(火) 9:30 - 進展なし。iPadでマンガ


陣痛促進剤を点滴されるも特に進展なし。
奥さんはiPadでマンガを読み始める。


9月11日(火) 10:30 - いよいよ陣痛キタ!


徐々に陣痛がひどくなってきた。痛そうだなぁ。。


9月11日(火) 11:30 - 2分間隔で陣痛


陣痛が2分間隔に。

2分間隔というと通常、子宮口が8-10cm開いて1-2時間後に出産という状態みたいだけど、チェックしたら4cmしか開いてない

陣痛促進剤のせいで陣痛の間隔と子宮口の開き具合がリンクしてないのかも?
出産まで6時間!はかかるとのこと。

この痛みが6時間続くのは厳しいなぁ。。ということでここで無痛分娩に切り替えることに。


シンガポール出産レポ(その3)
へ続きます。

( 'ω')n Ciao!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。