スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールで娘の保険に加入してみた。

R1040665.jpg

第一子となる娘が生まれて2ヶ月が過ぎた野間@シンガポールです。

医療費が結構高めのシンガポール、色んな人から「子供は3歳まではいろいろ病気するよー」と言われたので保険に入ることにしました。

AIAの保険に加入


シンガポールには多くの保険会社があるのですが、野間はAIAの保険を契約することにしました。

理由はシンプルで、出産でお世話になった Gleneagles Hospital の提携保険会社だったから

Gleneagles Hospitalで産まれた赤ちゃんには6ヶ月間無料の保険がAIAから提供されます。そして、契約を有効化するためにはAIAの外交員と会って契約書にサインする必要があります。

外交員と話すと当然
「この保険では最低限の内容しかカバーされないし、6ヶ月で切れちゃうけどその後どうするの?」
という話になるわけで、AIAの狙い通り有料プランを契約してしまいましたw

無料の保険(内容はしょぼいのでほとんどコストはかかってないはず)をエサにアポイントをとり、有料の契約獲得につなげるという、なかなかよくできた仕組みです。


3つの保険商品に加入


野間が加入したのは以下の3つの保険商品です。
(1) StarShield - 事故や特定疾患の治療に関する費用をカバー
(2) HealthShield Gold Max(+特約) - 入院を要する病気・ケガの治療関する費用をカバー
(3) Health Cash Plus - 入院時に1日あたり一定金額を支給

※ 本記事で示される金額「○○ドル」はすべてシンガポールドル建てです。


StarShield


StarShieldは事故や特定疾患の治療費をカバーする保険商品です。

事故には交通事故だけでなく、転倒によるケガや火傷なども含まれるため、病気以外で治療を受ける場合は大体対象になると考えてよいかと思います。

主な保障内容:
 ・事故および手口足病、デング熱、食中毒の治療に要した費用(最大1,500ドル)
 ・事故による死亡および手足の切断や視力の喪失(最大30,000ドル)
 ・重度の障害(昏睡状態、まひ、視力や手足の喪失など)に対する保障(毎月750ドル。最長20年)
 ・入院時に1日あたり30ドル支給(ICU入院時は60ドル)
 ・退院後の治療費(最大100ドル)
 ・子供が21歳になるまでに親(父母いずれか)が死亡した場合に教育費として20,000ドル支給

 など

費用:
 月額13.96ドル


HealthShield Gold Max(+特約)


HealthShield Gold Maxは病気・ケガで入院した場合の費用をカバーする保険商品です。
通常は免責金額があるのですが特約をつけて入院費用全額がカバーされるようにしました。

主な保障内容:
 ・病気・ケガで入院した場合の費用全額
 ・肝移植に関する費用(60,000ドル)

 など

費用:
 月額41.30ドル


Health Cash Plus


Health Cash Plusは実際に発生した費用にかかわらず入院時に1日あたり一定金額を支給する保険商品です。

主な保障内容:
 ・入院1日あたり100ドル支給
 ・事故による入院の場合はさらに1日あたり200ドル支給
 ・ICUに収容された場合はさらに1日あたり300ドル支給
 ・退院時に200ドル支給
 ・退院後の自宅療養に対し1日あたり50ドル支給(最大5日間)
 ・日帰り手術を受けた場合に100ドル支給

 など

費用:
 月額22.54ドル



毎月約5,000円は安い?高い?


上記3つの商品の費用は月額約5,000円(1ドル65円で計算)となりました。
(なんか Health Cash Plus は要らなかった気も。。)

入院を伴うような大きな病気やケガの治療費をカバーできればよいと割り切ったため、風邪などの病気による通常の外来診療は全額負担となります。

これで月額5,000円は安い?高い?
日本の保険と比べるとどーなんでしょうか。誰か詳しい人教えてくださいw


( 'ω')n Ciao!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。