スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞiPad用キーボードの最高傑作! logitech ultrathin keyboard cover レビュー

07_front.jpg

どうも。野間@シンガポールです。

出張や旅行用にiPadをモバイルノートみたいに使いたいなー

ということでずっとiPad用の外付けキーボードを探してきた野間ですが、出てくるのはかさばったり使いづらかったりという残念キーボードばかり。

やっぱりモバイルノート買わないといけないのかと諦めかけてたときに発表されたのが
logitech ultrathin keyboard cover
カバーにもなって持ち運びもかんたん、キーボードも打ちやすく充分実用的とくれば買うしかないよね!ということでシンガポールで発売されてすぐに入手しました。

シンプルなパッケージ


近所の「Challenger」という量販店で購入。価格は132ドル(約8,300円)でした。
ご覧のとおりパッケージは薄型。ちょうどA4版の雑誌くらいのサイズです。
01_box01.jpg

02_box2.jpg


開封してみた


開封するといきなりキーボードが登場。
03_unboxed.jpg


付属品はマニュアルとUSBケーブル、指紋拭き取り用のクロスのみ。
04_misc.jpg


iPadに装着してみた


iPadに装着。スマートカバーと同様にマグネットでしっかり固定されます。
画面を閉じた状態だとモバイルノートにしか見えません。
05_closed.jpg


画面を開くとすぐにキーボードとして使えるわけではなく、いったん本体と分離します。
06_separated.jpg


その後にキーボード真ん中付近にある白いスリットにiPad本体をセット。
スリット部分にもマグネットが仕込んであるため、しっかり固定されます。
ぐらつきもなくいい感じ。
08_side.jpg


正面からみたところ。"MacBook Mini" といった感じですw
07_front.jpg


ペアリングも簡単。キーボード側の電源を入れるとiPadにさくっと認識され、すぐに使い始めることができました。
09_settings.jpg


ちゃんと使えるの?


さて、肝心のキーボードとしての使い勝手ですが「素晴らしい」の一言
充分なキーピッチが確保され、キーストロークもしっかりしています。
(あくまで個人的な感想ですが、Retina MacBook Pro よりもキーストロークは深い印象を受けました。)

iPad用の外付けキーボードとしては最高レベルの製品ではないでしょうか。


ホームボタンがある!


キーボードの一番左上にホームボタンがあります。わざわざ本体のホームボタンを押す必要がないのでとっても便利。


fnキーと数字キーの組み合わせで色々できる


fnキーと数字キーの組み合わせでいろいろな操作を実行できます。

fn + 1 : iPadの検索機能を起動
fn + 2 : キーボードの言語(英語/日本語など)を切り替え
fn + 3 : ソフトウェアキーボードの表示/非表示
fn + 4 : カーソルの左側にあるテキストをコピー
fn + 5 : カーソルの右側にあるテキストをコピー
fn + 6 : カット
fn + 7 : コピー
fn + 8 : ペースト
fn + 9 : 再生/一時停止
fn + 0 : ミュート
fn + "-" : 音量を下げる
fn + "+" : 音量を上げる
fn + "delete" : スクリーンのロック/アンロック


というわけでlogitechが本気出した「logitech ultrathin keyboard cover」はさすがの完成度でした。
日本でももうすぐ発売されるようですので、iPadをモバイルノート代わりに使ってみたい人は購入して損はないと思いますよ-。

次回の出張はiPadとこれだけ持って行こうと思います。

( 'ω')n Ciao!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。